忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



歴代ガンダムには多くの名曲があり、その歌詞には考えさせられるものも多く含まれているように思います。
特に富野由悠季監督が井荻麟の名で作詞したものには名作が多いです。
しかしここでは、初代ガンダムの劇場版の主題歌「砂の十字架」で作詞作曲として参加した谷村新司が約20年ぶりに手がけた歌を紹介します。

「砂の十字架」はやしきたかじんが歌っていましたが、今回の「AURA」は谷村新司本人が歌っています。
この「AURA」というのは、ターンAガンダムというTVシリーズの初期エンディングテーマとして使われていました。

歌詞の意味はとても深いので、一度読んでみてください。

作詞/谷村新司 作曲/谷村新司 編曲/菅野よう子

微熱がさめないまま うつ向く少年の瞳は
心の海みつめて 静かに微笑んでる
生まれくるもの 消えてゆくもの
すべては宿命(さだめ)の振り子の幅
挫折の闇を突き抜け見えてくる それが光の真実
AURA 夜明けとともに この髪を揺らすものは何
AURA 地上の風は 神がもたらした溜息か

まつ毛を濡らしたまま 見上げる少年の瞳は
遠いあの日かすめて 明日を見つめている
生まれくるもの 消えてゆくもの すべては宿命の振り子の幅
挫折の闇を突き抜け見えてくる それが命の真実
AURA 夜明けとともに 忘れ去られる星に捧ぐ
AURA 至上の愛は 小さなその手の中にある

AURA 夜明けとともに 忘れ去られる星に捧ぐ
AURA 至上の愛は 小さなその手の中にある 

Ah・・・Uh・・・
Ah・・・Uh・・・

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: