忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2008年が無事に明けました。
今年は年末から雪が降って寒い年末年始となりましたが、俺は相も変わらず格闘技を見ながらの年末でした。

PRIDEが事実上の消滅という状態になって、今回はK-1だけかと思っていたのですが、PRIDEの有志が集まって「やれんのか!大晦日」という準PRIDEの興行を行いました。
K-1や他の格闘技団体の協力があったので出来たことだと思いますが、PRIDEファンの俺から見てK-1よりもレベルが高いPRIDEとK-1の対抗戦ともいえるカードには特に興味をそそられました。
PRIDE対K-1と言えるカードは全部で4試合あり、PRIDEの3勝という結果となりました。
中でも三崎和雄対秋山成勲の試合は特に興味深く観戦しました。

関連記事→ 「秋山、世紀の逆転負け…やれんのか!」(スポーツ報知)

試合の最後、体勢を崩した秋山が両手をマットについた後に起き上がる所に顔面に蹴りを放った事がルール違反だとかいう話も持ちあがってるようですが、両膝と両手がマットに付いている状態での打撃を禁じたルールで両膝も浮いていて両手もマットから離れた状態の時にキックが当たっているし、一昨年の全身クリーム反則撒けの時に桜庭選手が両膝を付いた状態で散々打撃を入れてた立場では言えた義理ではないでしょう。
そして、この試合後に三崎選手がマイクパフォーマンスで「日本人は強いんです!」と言ったことが物議を起こしてるようですが、秋山選手も10月の韓国大会での復帰戦で勝利した後に「わが大韓民国最高!」と言ってた事を考えれば文句をいえる立場ではないでしょう。

関連記事→ 「HERO'S KOREA 2007 」(スポーツナビ)

ところで、昨年は偽装や捏造が社会問題となりましたが、K-1を放送するTBSは報道する側として散々批判してきた立場にありながら今大会でも「賞味期限の偽装」に似たようなことをやっていました。
例に挙げるなら魔裟斗選手と対戦した韓国のチェ・ヨンス選手です。
TVでは韓国ボクシング史上最強のの元世界チャンピオンとK-1のチャンピオンが戦うという形で宣伝していましたが、チェ・ヨンス選手がチャンピオンだったのは1998年までの話で、しかも魔裟斗選手よりも2回りも小さい体で、さらにルールはK-1ルールというものです。
ボクシングルールで戦っても魔裟斗選手が有利だと思える試合をK-1ルールで戦い、しかもローキック打ちまくりというパッとしない内容では、負けたチェ・ヨンス選手の方に男気を感じました。

関連記事→ 「やれんのか! 大晦日! 2007」(スポーツナビ)
関連記事→ 「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」 (スポーツナビ)

あとは、UWF信者の俺としては「田村潔司VS所英男」と「桜庭和志VS船木誠勝」の試合が気になりましたが、結果は予想通りの展開でした。
今回のK-1の大会でも、色んなバックボーンを持った選手が総合格闘技という名の下で戦いましたが、それぞれの積み上げてきたバックボーンを上手く出せた選手は非常に少ないと感じました。
空手、柔道、ボクシング、レスリング、プロレスなどなど・・・それぞれのバックボーンが表現できて尚且つ公平に戦えるのはUWFルールなんじゃないかと改めて感じました。

拍手[0回]

PR


俺には野球解説者としての印象しか残っていませんが、日本プロ野球界に伝説として残り続けるであろう稲尾和久さんが11月13日に死去されました。

現役時代を知らずとも、プロ野球ファンであれば「鉄腕稲尾」や「神様、仏様、稲尾様」の言葉は誰でも知っているでしょう。

稲尾さん死去のニュースはTVでも伝えられて特番の放送もされていましたが、韓国の新聞に面白い記事を見つけましたので紹介します。

以下、訳文抜粋

<韓国系の最高投手、稲尾和久さんとの思い出>

日本のプロ野球史上、最高の右腕投手として評価を受ける稲尾和久さんが去る13日の午前1時、福岡のある病院で死亡しました。享年70歳。

韓国系として知られ、韓国に来て我が国の選手の指導もした稲尾さんは、去る10月30日に脳に悪性腫瘍ができて入院しました。当初、医師団は1週間ほど治療をすれば退院出来ると診断していたが、急に症状が悪くなり帰らぬ人となった。

ピングレ・イーグルスの初代司令塔を勤めた金永徳(キム・ヨンドク/日本名=金彦任重)元監督(71歳)は、稲尾さん死亡の消息を聞いて、「私と日本のプロ入団同期生だったのに…」と悲しみました。

当時、イーグルスのコーチだった姜秉徹(カン・ビョンチョル)元ロッテ監督は、「稲尾さんは、“九州の天皇陛下”と呼ばれるくらい、九州、別府、福岡をまたいで信仰を受けていて、ピングレの転地訓練の時に大きな役に立った」と明らかにします。

姜秉徹監督は、「稲尾さんに関して韓国系という噂が流れ、本人がこれを正式には明らかにしなかったが、骨格やスタイルから見て韓国系だと誰も分かっていた」とし、「彼は健康体質だったし、少し太っていて肉をよく食べる飽食家だった」と回想しています。

筆者は80年代後半に、大田(デジョン)球場で稲生さんに会った事あります。その姿は、66年のイングランド・ワールドカップでイタリアを1-0で破った北朝鮮サッカーの英雄、パク・ドゥイクさんにそっくりで驚きました。体型が太くて丸い印象の中堅俳優、ペク・イルソプさんを連想すればいいと思います。韓国に度々訪れた稲尾さんは、自分の心服だったモトイやシマバラなどのコーチを韓国に紹介しました。

海の向こうの日本だが、神話的な制球力で伝説の大記録を残した稲尾さんの死は、我が国の野球人にも悲しみと思い出を更に刻み込んでいます。

元記事→ 「韓国系の最高投手、稲尾和久さんとの思い出」NAVER(韓国語)


骨格やスタイルで韓国系だと決め付けていますね。
優秀な日本人は全て韓国・朝鮮系だと思い込んで新聞の記事にまで書いてしまうなんて、悲しい国ですね。

拍手[0回]



世間を騒がせた亀田一家のゴタゴタも一区切りついたのかな?

今月の11日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチで王者・内藤大助と対戦した亀田3兄弟の次兄・大毅が判定負けが確実だという試合の流れから、試合終盤に反則を連発して大きな問題となった件に関連してJBCから出た処分が父・史郎氏への無期限資格停止処分と大毅選手は1年間出場停止、兄の興毅選手は厳重戒告処分、所属すると協栄ジムの金平桂一郎会長は3ヶ月間のクラブオーナーライセンス停止処分いうものでした。
それを受けて今回、父・史郎氏と大毅選手による謝罪会見が開かれたのですが・・・

関連記事→ 「反則技連発!大毅が世界戦汚した」(スポニチ)

関連記事→ 「亀田父が謝罪、大毅は無言で退席」(スポニチ)

最近話題になっていた女優の沢尻エリカさんの一件と同様に、経験と実力に釣り合わない人気(マスコミに作られた物ですが)が出たことにより人格形成ができていなかったものだと思います。

今回の謝罪会見で、父・史郎氏へ「反則の指示はしましたか?」との質問で、「指示はしていない」と答えていたのには呆れる他ありません。
TV中継で反則を指示する音声が拾われてネット上に流れているのに「あれは亀田家の用語だ」と幼稚な言い訳をしていたかと思えば、息子を気遣うような言動を見せ・・・処分も決まった以上は本当に息子の将来を気遣うのであれば指示していなくても「息子は俺が指示した事を守っただけだ」と表面上は言って見せて裏で息子に言い聞かせるのが親じゃないでしょうか?

大毅選手は今回の事で身の程を知り、この期に及んでも父・史郎氏は我が身が可愛いのだということに気付いて成長してくれるといいんじゃないかと思います。

ちなみに、大毅選手は”武蔵坊弁慶”の格好で入場パフォーマンスをしていましたが、新選組の格好だったらと思うとゾッとします・・・軽々しく切腹発言する前に、俺の好きな映画「切腹」を観ることを薦めたいですね。

拍手[0回]