忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このところ、わが新撰組のギル戦への参加人数が少なくて32連敗(相手不在の不戦勝を除くと)という記録を更新中です。
32連敗といっても、最後に勝ったのが昨年の4月2日なので1年以上負け続けているというわけです。

早い話が昨年3月の大規模アップデートの末に、多くの人がレッドストーン自体に見切りをつけてしまったという事です。
新撰組もその影響をまともに受けてしまったわけです。

それでも残った数人のメンバーで新撰組を立て直そうと相談し、マナー低下を防ぐためにそれまで広く「メンバー募集」をしていなかったところを露店看板によるメンバー募集だけ解禁してみました。
その結果、新たに何人かの同志を得ることが出来ました。
それでもまだそれが結果に現れるには時間が掛かりそうな感じです。

今回対戦したげ~ファー’sさんとは2年半に渡ってお付き合いをさせていただいてますが、3月に対戦したときに新撰組側の参加人数が4人だけということで、あっという間に殲滅されてしまい期待を裏切ってしまいました。
その結果、早めにスケジュールを決めて対戦すれば参加人数も増えるんじゃないかと期待して、約1ヶ月後に再戦の約束をして今月12日に対戦しました。
結果、今回も残念ながら・・・5人という人数しか集まりませんでした。

途中まで総力戦で戦ってみましたがワンサイドゲームな展開を変える事も出来ず物資も尽きたことでタイマン勝負の交流戦に切り替えていただきました。

交流戦でもげ~ファー’sさん側には物資も分けていただいたり何かとご迷惑を掛けましたが、それなりに楽しいギル戦が出来たんじゃないかと思っています。
ギル戦後も雑談してプチ共同ギルハンにも誘っていただき楽しい時間をすごせました。

「寄らば大樹の陰」みたいな感じでギル戦や攻城戦をバリバリやりたい人はランカーと呼ばれる高レベルの人たちが多いギルドに集中して、新撰組のようなスタイルで楽しんでる人たちは小さなギルドに分散してしまってる感じです。
絶対数は後者のほうが多いと思うので、それらが集まればソコソコのギルドになると思うのですが実現は不可能でしょうね・・・

高杉晋作曰く「面白き事もなき世を面白く 住みなすものは心なりけり」

システム的には改善すべき点も多いレッドストーンというゲームですが、そこでプレイする人たち次第で面白くできる事もあるのだろうと思います。

ともあれげ~ファー’sのみなさん、対戦ありがとうございました。

拍手[0回]

PR


レッドストーン内で新撰組を旗揚げして2年と2ヶ月を超えますが、今回初めてギル戦の参加が俺一人という事態に至ってしまいました・・・・以下ただのボヤキ^^;

阪神対巨人の中継を見ながらでしたが、マジで寂しいものでした・・・

当然の如く瞬殺されて野球に集中しましたところ、1対1の延長12回の表で阪神の攻撃。
桜井殊勲の3ランホームランが飛び出しました。
今年のタイガースには新しいヒーローが次々と生まれてきて活気づいてきてるような気がします。

ところでギルド新撰組の方ですが、こちらは新しいメンバーの加入によりどうにか息をつないでいる感じです。
志を同じくするメンバーが残っている限り新撰組は続けるつもりで居ます。

今回のギル戦で、たまたま過去に縁があった相手だったことによりギルド運営について少し考えさせられました・・・

昔であれば対戦前にお互いの掲示板に挨拶したり、対戦後には共同で反省会をしたり情報交換もしてたんですが今は昔という感じです・・・

強豪と言われるギルドには当然、廃プレイヤーと呼ばれる人たちも多く図らずもマナーの悪い人の加入も認めてしまうようになるようです。
それはそこまで監督が行き届かないという事なんでしょうが、それによって傷つく人も居るという事もギルマスであれば考えておきたいものです。

魅力あるギルドとはどういうものなんでしょう?
ギル戦で強ければいいんでしょうか?

新撰組のこれまでの基本理念はマナー重視でリアル第一、マイペースなプレイを尊重する事でした。
ギルマスの俺が廃プレイをしては、言ってることとやってる事が違ってくるので基本理念を守ってきました。
ホームページもほぼ毎日マメに更新し続けアンケートやメール連絡網も取り入れました。
ギルマス本人のカリスマ性が無いと言われればそれまでですが、ギルマス=雑用係だというのも創設以来の考え方で変えようとは思いません。

同じような考えの人も多いと思うのですが、なんとか集結させることが出来ないものでしょうかね・・・・ 

俺自身に気合注入のために「燃えよ剣」の動画を貼っておきます。




7月15日:一部記事内容に間違いがあったため内容を訂正しました。

拍手[0回]



レッドストーンのプレイを始めて2年3ヶ月を超え、さらにギルド新撰組を創設してからも2年と1ヶ月を超えました。
新撰組を創設したときのメンバー3人のうち1人は俺の従兄弟で、元々オンラインゲーム放浪癖があり、メインで続けているオンラインゲームも持っていたのでレッドストーンに定住する気はないと思っていたので創設を手伝ってもらった形でしたが、早い段階で引退しています。
そしてもう1人は、半引退状態ですがちょくちょく様子を見に来てくれています。
ここのところ俺がAFK中に耳打ちが残っていて、返事を返したらログアウトしているのですれ違いの状態です^^;

新撰組の方向性は、早い段階から「リアル第一」「マイペース」を基本にやってきましたが、ここにきてそれが裏目になっているようです。

集団で行動したり機械的キャラ育成を不得意とする人たち、そしてリアルの方が忙しくてたまにしかゲームできない人でも、同じギルドのメンバーであれば気軽に情報交換したり狩りやクエストの手伝いを頼んだりできると思っていたのですが、ログインしている人数が少ないとどうにもならないという状態になっています。
というのも、「リアル第一」「マイペース」では物足りない人たちが新撰組から去ったために完全に過疎ってしまいました。
なので、ここにきてメンバー募集の幅を広げて俺と副長が露店看板に「メンバー募集」を表記してみることにしました。
街での「叫び勧誘」はマナー低下を憂慮して今までもこれからもやる事は考えていません。
今のところ数人から連絡をいただき、そのなかでも数人に加入していただいたので、それなりの成果も上がっていますし加入していただいたメンバーが将来的に新撰組を引っ張っていく中心人物となる可能性もありますので、新撰組再建に向けて進んでいるものと期待しています。
ワンマンなギルマスの率いるギルドの方が活気があるようですが、俺自身はギルマスというのは総監督であり雑用係(ギル戦の段取りやHP管理)と考えますので、それに専念したいというのが本音です。

似たようなギルドのマスターとも意見交換したところ、どこも似たような状況みたいでレッドストーン自体のプレイ人口が減っているように感じられました。
余談ですが、そのマスターの中にはつい最近意識不明で病院に運ばれて生死の境をさまよったという方もおられましたが、無事退院してきたようで本当に良かったです。

金と時間がある人が有利なこのゲームで、金と時間の少ない人の力を結集しサポートするギルドとして、なんとか頑張って続けて行きたいと思います。

拍手[0回]