忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 辻本貴則監督、水野美紀主演の「ハード・リベンジ、ミリー」の続編「ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル」を観ました。

 荒廃した未来の世界という設定は「北斗の拳」のような感じで、使い古された世界観ではありますが、細かいところにこだわった作りは凝ってて良かったと思います。

 前作で、殺された恋人のカタキを討つという目標を遂げた水野美紀が生きる目標を失っていたところに、新たに恋人のカタキを討ちたいと願う長澤奈央が現れの手助けをするというストーリーでした。
 長澤奈央は戦隊ヒーロー物の「ハリケンジャー」でも馴染みですがこのブログでも紹介した「芸者VS忍者」や「聖白百合騎士団」にも出ていて、いい味を出していました。

 この映画は、とにかくアクションを売りにしてるのですが、前作でも腕には刀、足にはショットガンを仕込んでいて、血しぶき満載のおバカアクションが面白かったのですが、今回は更にスケールアップしているようでした。
 少し前に見た「刀を狩る者」がイマイチだったので特にそう感じました。

 「甲殻機動隊」で有名な押井守監督の「斬~KILL」にも参加してて押井監督の影響も受けているのか、アクション以外のシーンでは見覚えのあるようなシーンがいくつかありました。

 このシリーズは続くのであればまだまだ観てみたいと思いますね。


 

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: