忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「芸者vs忍者」という映画を観た。

あまりぱっとしないタイトルだが、これが意外に面白かった。

タイトルからも判るとおりB級アクションではあるんですが、最近観た「片腕マシンガール」や「お姉チャンバラ THE MOVIE」よりはこっちの方がよかった。
とは言っても、「片腕マシンガール」や「お姉チャンバラ THE MOVIE」も好きな映画ではあるんですけど、適役に今ひとつ魅力がなく主役が引き立たなかった印象があります。

「芸者vs忍者」は全編80分くらいの中で8割くらいがアクションシーンなんじゃないかと思いますが、適度に緊張感を持たせたまま飽きさせませんでした。

ストーリーは単純明快で、芸者である主人公が「父親の仇」を討とうとするが、そこまでに待ち受ける刺客を次々に倒していかねばならないというもので、最後には隠された真実が判るというものです。

しかし、「芸者vs忍者」というタイトルはついているもののそれはファーストバトルだけで、主人公の「芸者」も次第に凛々しいいでたちに変わってくるし敵も忍者だけじゃありませんでした。


↓「芸者vs忍者」



 ↓「お姉チャンバラ THE MOVIE」



↓「片腕マシンガール」


 
 

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: