忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




綾瀬はるかさんが主演の映画「ICHI」を観ました。
かの「座頭市」をリメイクしたものです。

かつて勝新太郎が演じ、最近では北野武が演じた盲目で居合いの達人というキャラクターを最近売れっ子の綾瀬はるかさんが演じるということで結構話題になってるようです。

女性が演じるという事で思い出すのは、高橋めぐみさんが演じた現代版「座頭市」の「ブラインドキャット」です。
これは「市」ではなく「キリコ」というキャラ名でしたが後に同じキャラを使った続編の「KIRIKO妖闘地帯」というのも公開されました。
ほかにもTVシリーズにもなった映画「めくらのお市」シリーズや「座頭女子高生ナミ」なんていうのもありました。
俺はこの辺のシリーズは結構気に入ってたので、女性版「座頭市」もちょっと楽しみでした。

ストーリーは単純で、主人公の「市」はある人物を探す旅をしていてある宿場町に立ち寄るのですが、そこにはふたつのやくざ勢力があり抗争に巻き込まれていくというものです。
いわゆる黒澤監督の「用心棒」系のストーリーですね。

中村獅童、窪塚洋介、大沢たかお等のキャラに不満が残る点もありますが綾瀬はるかに関しては満足でした、が・・・最近のアニメにもよくみられる傾向でどうも「設定」に忠実になりすぎていた感がありました。
先に決めたキャラ設定に忠実なキャラを演じさせようとして、かえって薄っぺらなものになってしまってるように思います。

アクションに関してはスローモーションを使ったペキンパーの影響が見えるアクションで、俺としては少し前に紹介した「芸者VS忍者」の方が好みですが、まぁそれなりによかったんじゃないかと思います。
勝新太郎版と比べるなんていう見方をしていてはこの映画は楽しめないと思いますが、北野武版(まともには観てないが数回観た)に比べると何倍も面白かったんじゃないかと思います。

↓「ICHI」予告編 



 ↓「KIRIKO妖闘地帯」予告編


 

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: