忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今日、3月26日は映画「硫黄島からの手紙」で有名になった栗林忠道陸軍中将の命日になりますが、同じく硫黄島で栗林中将と数百名の兵士と共にアメリカへの総攻撃に参加した市丸利之助海軍少将の命日でもあります。
まぁ命日と言っても栗林中将、市丸少将ともにその死を確認した者も存在せず遺体の確認もされていませんが…。

この、市丸少将は遺書として書いた「ルーズベルトニ与フル書」をルーズベルト大統領に渡るように遺しました、結局ルーズベルト本人が目にすることは無かったようですがアメリカの新聞に掲載されて有名になりました。

以下、俺なりに現代語に約したものを紹介します。


日本海軍市丸海軍少将がフランクリン・ルーズベルト殿に、この手紙を送ります。

今、この戦いを終えるに当たり、貴下に一言を告げることがあります。

日本がペリー提督の下田入港を機とし、世界と国交を結ぶようになって百余年の間、日本の歩みは難儀を極め、自らが望まぬ日清、日露、第一次大戦、満州事変、支那事変を経験し、不幸にも貴国と交戦するに至りました。
これらを以って卿等(あなた方)の我々への評価は、或いは好戦的で、或いは黄色人種は禍をなすと謗り、或いは軍閥の暴走と言われますが、これはひどいとしか言いようがありません。

貴下は真珠湾の不意打ちを唯一の対日戦争への宣伝材料としていますが、これは日本が滅亡から逃れるため、このような行動を起こすところまで追い詰めらたのだとという諸種の情勢は、貴下の最もよく知るところでしょう。

畏れ多くも日本天皇は、皇祖皇宗建国の大詔に明らかであるように、養正(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三綱とする八紘一宇の文字で表現される国家計画に基づいて、地球上のあらゆる人々はその分に従い、生まれた土地においてその生を享受する、このような恒久的世界平和の確立を唯一の念願とされているに他なりません。

このことはかつて、「四達の海 皆はらからと 思ふ世に など波風の 立ちさわぐらむ」という明治天皇の詩にうたわれている事と同じで、貴下の叔父のセオドア・ルーズベルト閣下が感嘆した事を貴下も良くご存知でしょう。

我々日本人にもいろいろな階級の人がおり、そして色々な職業につきながら、この天皇の理想を実現するために生きているのです。

我々軍人もまた、武力を持ってこの理想を広く推し進める助けをさせて頂いております。

今、我々は貴下の航空爆撃や艦砲射撃に対して耐えるしかない状況にありますが、 精神的には充実し、心は晴れ、歓喜に溢れているのです。
これが天業を助ける信念に燃える日本国民の共通の心理であり、貴下及びチャーチル殿には理解できないかもしれません。 

卿等の精神的弱さを憐れみ、一言書かせていただきます。
 
卿等の成す事をみると、白人とくにアングロサクソンによって世界の利益を独占し、その野望の為に有色人種を奴隷化しようとしてきたのに他なりません。

そのために好計を弄して有色人種を騙し、悪意ある善政によって考える力を奪い、無力化してきたのです。
 
近世になり日本が卿等の野望に抵抗し、有色人種とくに東洋民族の解放を試みましたが、 卿等は日本の真意を理解しようとせず、ただ卿等にとって有害な存在である決め付け、かつては友好国だった日本人を野蛮人として公然と日本人種の絶滅を叫ぶようになりました。
これがどうして神の意に背く事になるのでしょうか。
 
大東亜戦争により、いわゆる大東亜共栄圏が成立すれば、各民族が各地にてそれぞれ善政を行い、それを卿等が破壊しなければ、全世界の恒久的平和を実現するのも決して遠くはないのです。

卿等白人はすでに充分な繁栄に満足せず、数百年来の卿等の搾取から逃れようとする哀れな人類の希望の芽を、なぜ新芽のうちに摘み取ってしまうのですか。

ただ東洋のものを東洋に返すに過ぎないのです。

卿等白人はどうしてそうも貪欲で狭量なのか。

大東亜共栄圏の存在は少しも卿等の存在を脅かしません。
それどころか、世界平和の一翼を担い世界人類の安寧幸福を保障するもので、日本天皇の神意がここにあるということを理解して欲しいのです。

反対に欧州の情勢をみれば、お互いの無理解が原因で起こる人類の闘争がいかに悲惨かを、痛嘆せざるを得ません。
 
今ここでヒトラー総統の行動の是非に言及するのは慎みますが、彼が第二次世界大戦を引き起こした原因は、第一次大戦終結のとき、その開戦の責任の一切を敗戦国であるドイツ一国に被せ、極端な圧迫をする卿等の先輩たちの戦後処置に対する反発であることを看過できません。

卿等がいかに善戦してヒトラー総統を倒したとしても、いかにしてスターリンを首領とするソビエトロシアと協調するつもりでしょうか。
 
おおよそ世界が強者の独占するものであるなら、永久に闘争を繰り返し、遂に世界人類に安寧幸福の日は来ることはないでしょう。 

卿等は今、世界制覇の野望を一応は実現しようとしております。
卿等も得意になっているのでしょう。
しかしながら、貴下の先輩であるウィルソン大統領は、その得意の絶頂の時に失脚しました。 

願わくば、私の言外の意を汲み、同じ轍を踏むことなかれ。

市丸海軍少将

原文紹介→ 「ルーズベルトニ与フル書」

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: