忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



TV朝日系列で放映された、新春時代劇スペシャル「白虎隊」を観ました。

俺としては当然「新選組」が絡んでくるのを少し期待していたのですが、セリフの中にもナレーションにすら出てはきませんでした。
それはそれでいいのですが、新選組ファンの目から見て「武士よりも武士らしく」生きた新選組・鬼の土方副長にして「鬼」と言わしめた「鬼官」こと佐川官兵衛(以後、鬼官と表記します)すら無視されていたのは、残念でなりません。

鬼官の事は「鬼官兵衛烈風録(中村彰彦著)」に詳しく書かれていて、是非読むことをお勧めしたいのですが、残念ながら絶版となっています。
中村彰彦さんは、他に、会津戦争で戦った女達のことを書いた短編集の修理さま 雪は」(泣けます)など会津に関するものを多く書かれていますし、五稜郭で土方さんが新選組の最後の隊長として指名した「相馬主計」(以前に紹介した北走新選組でも出てくる)のことをかいた明治新選組(これも短編)など新選組の本も、数多く執筆されています。

話は戻って「鬼官」ですが、会津が京都守護職として上京するときには謹慎中(江戸詰、火消し頭として勤務中に幕府役員と揉めて斬った事件)でしたが、数年遅れで上京し「鳥羽伏見の戦い」では会津の精鋭を集めた「別選隊」を率いて奮闘し、会津戦争では最強といわれた「朱雀四番士中隊」を率いて奮戦したのです。

今回のドラマ「白虎隊」で言うならば、終盤に鶴ヶ城が包囲されて砲弾の雨を降らされていた頃に佐川隊は、入城せずに場外から鶴ヶ城に食料を届けるために戦い続けていたのです。
そして降伏した後も、鬼官は降伏を認めずに戦い続けていたのですが、藩主・容保の説得で降伏したのです。
その後、元新選組の「斉藤一」の結婚の仲人をしたこともありますが、旧藩士の生計の事を考えて維新後は警視庁に就職、明治10年に起こった日本最後の内戦・西南戦争では、会津に煮え湯を飲ませた薩摩に対して一矢報いんものと奮闘して熊本にて銃弾を受け、壮烈な最期を迎えたのです。

「鬼官」は今回のドラマ「白虎隊」の中では小林稔侍さんが演じていた「西郷頼母」とは、長期の謹慎処分を受けている点では同じですが、行動は真逆だったので、西郷頼母を登場させるならば鬼官も登場させて欲しかったところです。
西郷頼母は、母、妻などの身内21人が自刃するという悲劇で知られていますが、身内の自刃がなければ評価も大きく変わったんじゃないでしょうか?
皆とは異なった意見があれば主張する、そういう事は大切だと思いますが、一旦決まった決断であれば全力で達成させるように努めるべきだと考えます。
俺自身の現実の仕事の中でも、そういう事は多々ありまして、上司と意見が衝突する事もよくあるのですが、方針を決めた後では決まった方向に向け頑張るようにしています。

どうしても、昔の日テレ時代劇スペシャル「白虎隊」と比べてしまうと格段に落ちるのですが「白虎隊」だけに焦点をあてて、ジャニーズを使って若い人たちが幕末の事や戦争の事を知るきっかけになればいいんじゃないかと思いました。

はっきり言って、演出ミスや演技には突っ込みどころが多くてイマイチ感情移入は出来ませんでしたが、ドラマを観ながら実際の「白虎隊」の事なんかを考えると、ちょっと泣ける作品ではありました。

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:読みに来ました~
本当に、言っても詮無き事なんですが、ナレーションにでも、一言でもいいから、「新選組」に触れて欲しかったですよね。
で、、、あの土方さんから「鬼」と言われた方がいらしたんですね?でも出ていなかったと。
観たかったですね。
それから、日テレの「白虎隊」ですが、そんなに良かったのですね~
いつ頃放映してたのかな?又観る機会は訪れるでしょうか?
まあ、今回の「白虎隊」では、烈堂さんが書かれているように、主役がジャニーズでしたから、若い人(10代とか)もとっつきやすかったでしょうね。
きっと何か感じる物があった事でしょう。
それだけでも”良し”でしょうね。
あさぎ URL 2007/01/08(Mon)15:57:14 #edit

 Title:あさぎさん
日テレ版「白虎隊」は白虎隊を話の中心に置きながらも幕末全体の流れを描いていて、明治維新に絡んでくる有名なエピソードは殆ど出てきます。
「田原坂」「五稜郭」をあわせて観れば、明治維新の流れがほぼ完全に判ると言ってもいいくらいです。
ちなみに、今から20年前に放送されたものです。
主題歌の「愛しき日々」(堀内孝雄)は去年の紅白でも歌われていましたが、あの歌詞を聞くと新選組(新選組ファンなら)の事を歌っていると思えて、ジーンときます。
烈堂 URL 2007/01/08(Mon)18:46:50 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: