忍者ブログ
オンラインゲーム・レッドストーンでの活動ネタから社会・政治ほかマニアックな事まで興味のある事を書いていこうと思っています。


プロフィール
HN:
烈堂
性別:
男性
職業:
ブルーカラー
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
激励のコメントお待ちしています。
[05/07 鈴木準也]
[07/15 o-kaz]
[06/03 烈堂]
[04/15 名無し]
[08/27 たえ丸]
他人を不快にさせるような内容のコメントは削除させていただく場合があります。
虎写真館

西宮市の税理士事務所と阪神
通販
ここに表示される商品はアフィリエイトシステムを利用していますので管理者推薦の物ではありません。
ブログ内検索
このブログ内の文字検索ができます。
管理者に連絡
管理者(烈堂)にメールを送れます。 意見・要望などありましたらご利用ください。
ご注意
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。


©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights ReservedAll Rights Reserved
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


フリーエリア


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



少し前に書いた記事に関連した話しですが、「毎日新聞」にとんでもない間抜けな記事が書かれているので紹介します。

こちらがその記事です→ 「星くずのブーメラン」

この記事によると「中国製のデブリが悪いなら、ミサイル防衛で出る米国製デブリも非難されなければならない。」と書かれていますが、これは大きな間違いです。

人工衛星が何故衛星軌道に乗っているのかを考えれば簡単ですが、ある一定の速度で地球の周りを飛んでいるから重力に引かれないのです。
衛星軌道に乗るような速度で飛んでいないミサイルを打ち落としたところで、重力に引かれて落ちてしまうというのは簡単に想像できるであろうし、SFとかに興味のある人なら誰でも判る事です。

そして「ジュネーブ軍縮会議で衛星攻撃兵器の禁止を提案してきたのは中国だ。米国は反対した。日本が中国の宇宙軍拡に反対しようとするなら、ミサイル防衛にも反対しなくては筋が通らないのである。」と書かれています。

衛星攻撃兵器の禁止を提案しながら実験するっていうのは、どうなんでしょうか?
その事を、さも正論であるかのように書いている記事を平気で掲載している「毎日新聞」のことも、よく考えた方がいいと思います。

そもそも実験で出されたデブリと、飛んでくるミサイルを迎撃して出たデブリを同列に並べる神経が理解できませんね。
迎撃がダメなら先制攻撃なのでしょうか?
それとも、ミサイルが飛んできて落ちるのを、見守るだけにしろと言いたいのでしょうか?

拍手[0回]

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: